4月の赤塚植物園Ⅱ

新着情報

 

こんにちは。

 

皆様もうお花見は行かれましたか?

昨日の赤塚植物園の様子です。

 

 

青い空にピンクの桜がとても綺麗でした!

 

本日は今月の赤塚植物園紹介1回目に引き続き、

2回目のご紹介です。

 

 

 

 

レンゲソウ(蓮華草)

 

 

 

マメ科ゲンゲ属の越年草。原産国は中国で、英名は「Milk vetch」です。

レンゲソウの開花の時期は4月から5月で、草丈は10cmから30cmほど。

春の季語にもなっています。

先端が紅紫色に染まった白色の小さな花びらを、

茎の先端にぐるっと一周つけた可愛らしい花が咲きます。

 

花言葉:「心が和らぐ」「私の幸せ」

 

 

 

 

ヒトリシズカ(一人静)

 

 

センリョウ科チャラン属

ヒトリシズカは各地の森林の湿った場所に見られる多年草です。

全体に水気が多い柔らかい植物で、

数本から20本ほどの茎を伸ばして株立ちになり、茎の先端に4枚の葉をまとめてつけます。

芽が伸び出すころ、長さ2~3cmの白いブラシのような形の花が、

若葉に包まれて開花します。

ブラシの毛のように見えるものは、雄しべの葯隔という組織です。

 

花言葉:「静謐」「隠された美」「愛にこたえて」

 

 

 

 

リキュウバイ(利休梅)

 

 

中国東部から中部にかけて分布するバラ科ヤナギザクラ属の落葉性低木です。

美しい花を咲かせることから欧米では人気の花木で、庭木としてよく植栽されます。

日本には明治末期に渡来しており、庭木や公園樹として普及しています。

花期は4月~5月。

花期になると、分枝した枝先に花序を出し、

花径4㎝前後の花を6~10輪咲かせます。

蕾は丸く愛らしい形をしており、真珠のように見えることから

パールブッシュ(pearlbush)の英名を持ちます。

 

 

 

花言葉:「控えめな美しさ」「気品」

 

 

 

 

以上

 

今月の赤塚植物園の植物紹介でした。

 

天気予報では今日から暖かくなるそうなので、

今は蕾のお花もたくさん咲きそうですね。

 

チューリップも咲き始めていますよ^^

 

 

今月も赤塚植物園をお楽しみください。