6月の赤塚植物園

新着情報

 

こんにちは。

 

昨日、赤塚植物園の万葉・薬用園で、

イネの植付を行いました。

 

 

ひとつひとつ丁寧に、手で植え付けました。

 

スペースは小さいですが、

立ち寄った方はぜひイネの成長もお楽しみください!

 

 

今月の赤塚植物園の植物をご紹介いたします。

 

 

コアマチャ (甘茶)

 

ユキノシタ科アジサイ属で、

山地の谷沿いの斜面などに生える「ヤマアジサイ」の変種です。

葉っぱには、甘味の成分(フィロズルチン)が含まれ、

此の葉を乾燥させて発酵させる事で、あの「甘茶」が出来ます。

「アマチャヅル」も、同じく「甘茶」に用いられます。

この甘味は、糖尿病患者の砂糖の代用や、醤油の味付け等にも用いられました。

 

 

 花言葉:「祝杯」

 

 

 

 

ハナショウブ(花菖蒲 )

 

 

開花時期は、 6/ 1 ~ 6/25頃で、梅雨の頃の代表的な花の一つです。

野生の「野花菖蒲(のはなしょうぶ)」を原種として改良された、国産の園芸植物。

葉が菖蒲に似ていて美しい花が咲くことから「花菖蒲」とつけられました。

 

 

花言葉: 「優しい心」「あなたを信じる」「忍耐」「諦め」「心意気」「優雅」「情熱」

 

 

 

 

ヤエドクダミ(八重毒痛)

 

 

山野のやや日陰の湿った場所に生育する草丈20~40cmの多年草です。

ドクダミの八重咲き品種です。

全草に独特の臭気があります。

白い花弁に見えるものは、葉に近い性質をもつ総苞片で、

ヤエドクダミ(ドクダミ)は、花弁のない花なんです。

複数枚の総苞片の間に、花弁も萼片もなく、雄しべと雌しべだけの小花が隠れています。

 

 

花言葉:「野生」「白い追憶」

 

 

 

以上

 

今週末から梅雨入りの予報になっていますが、

じめじめに負けずに毎日元気に過ごしましょう!

 

赤塚植物園に行く際は、

熱中症対策、紫外線対策、虫よけ対策をお忘れなく^^