9月の赤塚植物園

新着情報

 

こんにちは。

 

 

9月に突入し、日も短くなってきましたね。

 

先日の台風が過ぎ、東京はとても暑いので

熱中症には十分気を付けてください。

 

今月の赤塚植物園の植物をご紹介いたします。

 

 

 

 

ヒガンバナ(彼岸花)

 

 

ヒガンバナ科ヒガンバナ属

「曼珠沙華」をはじめ、別名が多すぎる植物としてもよく知られています。

この時期、真っ赤な花がひときわ目を引きます。

 

花言葉:情熱/独立/再開/あきらめ/悲しい思い出/思うはあなた一人/また会う日を楽しみに

 

 

 

 

ノシラン(熨斗蘭)

 

 

クサスギカズラ科ジャノヒゲ属

葉が細長いのでランと名前が付きますが、実際はランの仲間ではありません。

 

花言葉:ひっそり

 

 

 

 

クコ(枸杞)

 

 

ナス科クコ属

ナス科の植物で、花びらは5枚に分かれています。

花の名は漢名の音読みで、枸杞は中国でカラタチ(枸橘)に似たトゲがあり、

コリヤナギ(杞楊)のように枝がしなやかであることから名づけられました。

 

花言葉:お互いに忘れましょう/誠実

 

 

 

 

サワギキョウ(沢桔梗)

 

 

キキョウ科ミゾカクシ属

花言葉の「高貴」は、すらりと伸びた茎に気品のある青紫色の花を咲かせる姿にちなむともいわれます。

植物園の池を可憐に、涼しげに彩ってくれています。

 

花言葉:高貴/悪意/特異な才能

 

 

 

 

以上

 

まだまだ暑い日が続くので、

熱中症対策、紫外線対策、虫よけ対策をお忘れなく!