11月の赤塚植物園

新着情報

 

こんにちは。

 

11月に入り、今年も残り2ヶ月となりました。

 

ハロウィンが終わって、

少し早いですが街中はクリスマスムードですね。

 

冬らしい季節になってきました。

 

朝晩もだんだん冷え込むようになり、

日中との寒暖差が激しいので

体調を崩さないようお気を付けください。

 

 

今月の赤塚植物園の植物を紹介いたします。

 

 

 

キチジョウソウ(吉祥草)

 

クサスギカズラ科キチジョウソウ属

楚々とした味わいのある花で、涼しくなってくる秋に咲かせます。

地際から穂状の薄く紫がのった白い花を咲かせ、花後には赤紫の実ができます。

株はロゼットでヤブランやジャノヒゲに似た雰囲気があり、日陰に強い性質も共通しています。

日本にも自生のある花なのでとても丈夫で、日本庭園などによく用いられています。

「吉」祥草の名があるので縁起ものの花としても知られています。

花言葉も、縁起の良いものばかりです。

 

花言葉:吉事/よろこび/祝福/祝意

 

 

 

 

ナワシログミ(苗代茱萸)

 

 

グミ科グミ属

別名「ハルグミ」。稲の苗を育てる時期に、真っ赤な実が熟すので「春茱萸」。

この時期も白~淡黄色の花がたくさんつくので見ごたえがあります。

強い芳香があり、 開花期は庭中を覆うほどになります。

 

花言葉:心の純潔/冬の祈祷

 

 

 

 

サラシナショウマ(晒菜升麻)

 

キンポウゲ科サラシナショウマ属

サラシナとは、若葉を茹で、アク抜きのため水にさらし(晒し)てから食べることからきた名前です。

ソバの更科ではありません。

この時期「野草の道」に見られ、いくつもの群落を作ります。

 

花言葉:愛嬌/雰囲気のよい人

 

 

 

 

以上

 

 

お出かけの際は暖かくして、今月も赤塚植物園をお楽しみください。