12月の赤塚植物園

新着情報

 

こんにちは。

 

12月に突入し、今年も残すところ1ヶ月を切りました。

 

何かと慌しくなる時期ですが、

お休みの日には息抜きに綺麗な紅葉を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

赤塚植物園では紅葉が見頃ですよ。

 

 

 

綺麗な紅葉を見ると、前向きな気持ちになれますよね。

 

実はそれは、紅葉の赤が心理的にいい効果をもたらすからなんです。

 

 

色彩心理学において赤色が持つ意味は、

 

•エネルギッシュ

•情熱的

•愛情深い

•行動を起こしたくなる

 

など、積極的なものが多くあります。

 

こういうことから、紅葉は見ていてリラックスするだけでなく、気持ちを前向きにすることもあるようです。

 

 

ぜひ綺麗な紅葉を見て、

忙しい年末も前向きに元気に過ごしましょう^^!

 

 

今月の植物をご紹介いたします。

 

 

 

スノードロップ

 

 

ヒガンバナ科 / マツユキソウ属(ガランサス属)

 

スノードロップは可憐な草姿に白い下向きの花を1輪咲かせ、春を告げる花として人気があります。

開花期は2~3月ですが、もう咲いています。

寒さには非常に強いものの、暑さには若干弱い傾向があります。

冬の間に芽を出し、早春に花を咲かせた後は初夏まで成長を続け、

気温の高い夏場は休眠期に入ります。

また、球根が十分な寒さに当たらないと発芽しないため、暖地では芽が出ないことが多くあります。

 

 

花言葉:慰め/希望

 

 

 

 

イイギリ(飯桐)

 

 

イイギリ科 / イイギリ属 (落葉高木)

 

名前の由来は、昔、葉で飯を包んだためといわれています。

春に花が咲き、花は小さく黄緑色で、香気があり、ブドウの房状に垂れ下がった円錐の形をしています。

葉は大きなハートの形で、樹皮は灰白色をしています。

秋にブドウ房状の赤い果実をぶら下げます。

 

花言葉:恵まれた人 / 豊穣 / 恵まれた恋

 

 

 

 

ニシキギ錦木

 

 

ニシキギ科 / ニシキギ属

 

庭木や生垣、盆栽にされることが多いニシキギ。

紅葉が見事で、モミジ・スズランノキと共に世界三大紅葉樹に数えられています。

名前の由来は、紅葉の際に色付いた様が、錦のように美しいことから錦木と呼ぶようになりました。

 

 

花言葉:危険な遊び / あなたの魅力を心に刻む

 

 

 

 

以上

 

 

しっかりと防寒対策をして、

紅葉が綺麗な赤塚植物園をお楽しみください。