お知らせ

赤塚植物園 ~秋の植物紹介③~

|カテゴリー: お知らせ

皆様こんにちは。

朝晩すごく冷えるようになりましたね。

ストーブや毛布を出すなど、

冬の準備をされている方も多いのではないでしょうか。

 

暑い夏が終わり過ごしやすくなったと思えば、

あっという間に寒くなりますよね。

秋は一体いつからいつまでなのでしょう?

 

気象庁では、9月~11月と区切られていますが、

季節には絶対的な定義はないようです。

 

だからこそ、外に出て五感で感じて

季節の移り変わりを楽しみたいですね。

 

本日も赤塚植物園の秋の植物をご紹介いたします。

 

【フジバカマとアサギマダラ】

「秋の七草」の一つで、万葉の時代から人々に親しまれてきた植物です。
この美しい蝶はアサギマダラです。
寿命は羽化後4~5カ月ですが、
その生涯時間内で2000キロを移動するため旅する蝶とも言われています。
長年のマーキング調査で、日本本土から南西諸島・台湾への渡り個体が多く発見されているそうなので、ものすごい移動距離ですよね。

花言葉:「ためらい」「遅れ」

 

 

【シュウメイギク】

キンポウゲ科・イチリンソウ属に分類される多年草。

秋に咲く八重咲きの花がキクに似ていることから

「シュウメイギク」と名付けられました。

 

花言葉:「薄れゆく愛」「淡い思い」

 

 

 

【ミゾソバ】

北海道から九州にかけ、沼地や川辺などの水辺に生育。

用水路や溝に生え、全体的に蕎麦(ソバ)に似た草姿をしているということから、

「溝蕎麦(ミゾソバ)」という名前がつきました。

 

花言葉:「純情」「風変り」

 

 

 

【シラヤマギク】

キク科 シオン属

道端や山地の草原でみられる高さ1~1.5mの多年草。

背が高いですね。

 

花言葉:「丈夫」

 

 

 

以上

 

今週は日中は過ごしやすい気温の予報ですので、

ぜひ外に出て今の季節をお楽しみください。

前のページへ戻る

お問い合わせ

TEL 03-3778-4128 受付時間 平日:8:30-17:30